読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレバレとにっこり笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

人の立場に立つのが苦手だ。

「自分が言われて嫌なことは人にも言うな」 「自分がされて嫌なことは人にもするな」 これらは人間関係の基本中の基本であると思う。 昔から、ぼくはこれが出来なくて孤立することも多かった。 今は昔と比べれば大分マシになってきているとは思うけれど、そ…

思いつきで行動するのはいいが、少しでも怪しければ即引き返す決断を。

このあいだ、 kazfumi.hatenablog.com こんな記事を書いたあと、 kazfumi.hatenablog.com こんなことになってしまった。 自分でも笑ってしまう。 思いつきで行動するのは、確かに強くて、魅力あるが、 そこには、必然的に「スキ」が生まれてしまう。 なんと…

思いつきで行動するのは結構いい。

論理だけでは説明がつかないのが、この世の中だ。 すべての学問は、論理的にこの世の仕組みを説明しようとするものだが、 あるところで限界が来る。 その最先端にせまろうというのが、素粒子研究などの物理学だ。 詳しくはまったく専門外なのでわからないが…

インカメを誤作動して死にたくなった人へ。それはあなたの普段の表情だ。

ぼくもときどき、やる。 普通に写真を撮ろうとしたのに、なぜかインカメが誤作動して、自分の顔が映し出される。 絶望する。 「なんだ、このブサイクな顔は!!!!」 と。 しかし、冷静に考えなければならない。 それが、普段の自分の表情なのだと。 認めな…

京都の有名飲食店でバイトして得られたもの

ぼくは、京都のちょっとした有名飲食店でバイトをしている。 某口コミランキングで1位になったり、雑誌などにも載ったりしている。 忙しい時期になると、平気で1、2時間待ちになってしまうようなお店だ。 ちなみに懐石料理などのガチで京都っぽいお店とい…

批判を恐れる人の心理。

批判されるのが恐い。 人間ならば、誰しもが抱く思いだろう。 中には「批判なんておそれるな!批判を恐れるのは無駄なことだ!」と勇ましく言う人もいる。芸術家や、起業家たちは特に、この考え方を持っている。 彼らの行動や発言を見る限り、本心からそう思…

嫌われるのを恐れるな、みたいな風潮について思うこと。

自分の人生だ。 人の目線を気にして、自分のホンネで生きないのは、もったいない。 嫌う人には嫌わせておけばいい。 これは確かに正しい。 もっともだ。 全く正しい。 だがしかし、これをそのまま鵜呑みにしてしまって、 ダメな嫌われ方をしてしまう人もいる…

何もかも憂鬱な日にやるべきたった1つのこと。

生きていると、何もかもが憂鬱な気分になってしまう日がある。 「もう、なにもしたくない」 という日。 全てが虚しくなって、やる気が起きない。 「ああ〜〜めんどくさい」 という日。 これからの生活のことも考えるとさらに面倒くさい。 本当になにもかも。…

嘘をつくことは、非効率的だ。

「嘘つきは泥棒の始まり」 とは子どもの頃からよく聞かされることだが、 そもそも、嘘をつくことがなぜ悪いことなのか? 僕なりの考えを記したいと思う。 嘘をつくのは効率が悪い 倫理的にどうとかいう前に、 単純に、嘘をつくのは効率が悪い。 一つの嘘をつ…

本棚が新陳代謝した時、人は成長している。

本棚が新陳代謝する。 つまり、読む本が変わるということだ。 どう変わるか? 以前だったら、難しくて、敬遠していたような本、 全然興味のなかった分野の本が面白く読めるようになることだ。 その時、人は成長している。 成長するためには、接する情報を変…

カッコよくなりたいやつは全員筋トレしろ!

顔が不細工だろうが、身長が低かろうが、ハゲていようが、 筋肉だけは、自分の努力次第で美しくできる。 それをしないのは、ただの怠慢だ。 顔が不細工なやつは、筋トレだけはイケメンに負けないように努力すればいい。 もちろん筋トレもしているイケメンに…

個人的にカッコいいと思う人たち

「カッコつけ」と「カッコいい」の違いについての記事を投稿してきた。 kazfumi.hatenablog.com kazfumi.hatenablog.com など。 今回は具体的に、ぼくの思うカッコいい人たちをとにかく列挙していこうと思う。 なお、存命中の人は避けて、故人に限定した。 1…

知的好奇心を育てる。

知的好奇心の高い人は魅力的だ。 子ども時代はみんな持っていたのに、オトナになると衰えてしまうのはなぜだろうか? どうすれば知的好奇心を育てられるのか? を考察してみたい。

「めんどうくさい」の構造分析 その②

「めんどうくさい」の構造分析の記事を書いた。 kazfumi.hatenablog.com そこで「めんどうくさい」とは 構造が複雑 工程数が多い 時間がかかる という性質の問題に直面した時に起こる感情であると分析した。 しかし、今日帰宅した時にハッとした。 いやいや…

「めんどうくさい」の構造分析

生きていく上で、「めんどうくさい」こととどう折り合いをつけるかは、重要な課題となる。 そんな大げさなことでなくとも、普段の仕事、課題でも「めんどうくさい」こととどう折り合いをつけるか、が重要である。 ここでは、 そもそも、どういう時に「めんど…

「コンビニ人間」にも「ありがとう」と言える人でありたい。

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』の芥川賞受賞、大ヒットはまだ記憶に新しい。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (50件) を見る この作品が話題になったのは、「コンビ…

自分で自分を笑える人は魅力的だ

最近は、「カッコつけ」と「カッコいい」人の違いについて興味があり、そうした投稿をしてきた。 kazfumi.hatenablog.com kazfumi.hatenablog.com 今回は、その「違い」の一つとして、 「自分で自分を笑っちゃえること」 を挙げようと思う。 お笑い芸人さん…

岡本太郎を乗り越える。

僕は、岡本太郎を敬愛している。 敬愛しているが故に、乗り越えなければならないのだ。 僕が岡本太郎に出会ったのは、大学浪人時代。 浪人時代はほとんど友達も作らず、孤独な毎日を送っていたが、 唯一といってもいい息抜きが、予備校帰りに近くの本屋に行…