ハレバレとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

考え方

自信は努力から生まれるという当たり前な事実について

たとえばあなたが次のようなイベントの広告を目にしたとしよう。 「あずき豆を100粒、箸で皿から皿へ一度も落とさずに移動できたら10万円!失敗したら1万円没収」 なんだか、できそうな気がしないだろうか?1万円払うかもしれないリスクを冒してでも参加し…

ブログを半年続けてみたらかなり役にたったという話。

このブログも気づけば開設してから半年が過ぎました。 一回整理しておこうと思います。 このブログを書いているのは、自分の思考を客観的に判断したい、という思いがあったからです。 なにか文章を書くということは、自分が普段どういうことを考えているのか…

予想の裏切り=ボケ

面白い人と接していると頭の回転早いな〜、と素直に感心してしまう。 「面白い」はかなり抽象的な言葉で、一概に「これこれこういう人は面白い」と一言では言い切れないが、ポンポンと面白いボケを連発できる人は面白い人の中に含まれるだろう。 ぼくが今滞…

結局、人に好かれる人は人の役に立つ人だ。

どうすれば好かれる人になれるだろうか、という問いに身も蓋もない答えを出すとしたら、「役に立つ人になれ」だと思う。 結局、人が人に求めるものは、「この人は私に何をしてくれるのか」ということだ。 与えてくれるものが多ければ多いほど、その人は大事…

散歩と思考

今日は快晴で、風も心地よかったので、まあまあの距離をブラブラ散歩した。 歩くというのは実に素晴らしいことだなあ、と改めて思ったので、忘れないうちに書いておこうと思う。 哲学×散歩 昔から、哲学者はよく歩く人たちだったようだ。 ソクラテスは街中を…

「イラつく」という感情とどう付き合うべきか。

「この人と会うと、無性にイラつく」 という人がいないだろうか。 イラつく人に出会ったのなら、さっさと別れて別の場所に移ってしまえばいい、という話なのだが、いつもそうできるとは限らない。またそうしたところでイラつきがすぐに消える訳でもない。 ま…

悩みを課題に変換する②

昨日書いた記事を以下のブログで言及していただいた。 www.saki-imamura.work ありがとうございます。 こうしてフィードバックがあると、より考えが進むのでありがたいです。 昨日の記事のなかで、ぼくは「悩む」ということは、「自分にとって都合の悪い答え…

悩みを課題に変換する。

悩みがある人というのは、悩むことそれ自体を目的化しているのではないか。 そんなことを以下の記事で書いた。 (『イシューからはじめよ』を参考にしている。) kazfumi.hatenablog.com kazfumi.hatenablog.com イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプ…

バカげた事を大真面目にやると面白い

2007年に大ヒットしたドラマ『ガリレオ』を覚えておられるだろうか。 ぼくが個人的に好きなくだりがあって、 福山雅治扮する天才物理学者の湯川が、柴咲コウ扮する新人女性刑事の内海と大学の食堂で交わす会話シーンだ。 湯川「たとえば、きみが犬のウンチだ…

手段と目的を統一すること

お昼に、 kazfumi.hatenablog.com この記事を書いた。 書いた後で、 「あれ、でもこの手段と目的が一致している人もいるよなあ」と思い直した。 ので、1日に2連続でブログを書くという、初の試みをしてみる。 ミュージシャンを例に。 パッと思いつくのが、…

手段と目的を区別すること

ルールはなんのためにあるのか? ルールはなんのためにあるのか、を考えると、 人と人が気持ちよく共同作業をするためだ、ということだと思う。 だから、本当はルールなんて無くてすむなら無いほうがいいのだ。 一応定めておかないと、みんなが迷惑する可能…

歴史を学ぶには、旅に出るのが一番いいという仮説。

歴史とは、人々が実際に行ってきた「リアル」な体験のことだ。 教科書に書いてあること、というのはどこか嘘くさいような、フィクションくさい気がしてしまうのだが、正真正銘、過去に実際に起きた出来事なのだ。 なんといっても、教科書に書かれるぐらいな…

情報の解像度をあげる方法②

前回のつづき。 kazfumi.hatenablog.com 方法② 違和感を大切にする。 情報の解像度をあげる2つ目の方法として考えられるのが、 「違和感を大切にする」 である。 前回の記事で、「ホンモノにふれること」が大事なのではないか?と書いた。 それは、ホンモノ…

コミュニケーションの本質は情報交換

「コミュ症」という言葉がある。 一般的に、人とコミュニケーションをとるのが苦手、ということを病気の症状のように表現した言葉だ。 一方で、「コミュ力高い」という褒め言葉もある。 一般的に、コミュ症の逆で、誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなれる人の…

面倒くさいことの効用。

AIやロボットの話題になると、 「そのうち面倒くさいことは全部AIやロボットがやってくれるようになって、人間はそれ以外のラクで楽しいことだけできるようになる。」 という風なことが言われることが多い。 たしかに、危険な作業や、単純労働、繰り返し同じ…

見返りを求めないということ。

ある日のこと。 先日旅をしている途中で、友人の自宅に泊めてもらった。 山に近い、自然豊かな地域で、朝には霧が立ち込め、夜には虫の声が聞こえるような美しいところだった。 その友人のご両親は、全く初対面のぼくのことを暖かく歓迎してくれた。 お父さ…

なにかに依存している人は弱い。

人間である以上、何かに依存することからは逃れられない。 もし依存するな、というのなら、人間なんて生後1日も持たずに死んでしまうだろう。 依存することは、人間に宿命的に与えられたものである。 太陽がなければ人は生きられないし、海がなければ人は生…

「協調性」の意味を改めて考える。

日本人は協調性を重要視すると考えられている。 しかし、その協調性とは、本当の意味での協調になっているといえるのだろうか。 協調と見せかけた、妥協、ファシズム、プロパガンダ、長いものには巻かれろ主義、という面もあるように思えてならない。 そして…

あなたはいまこの文を読んでいる。

あなたはいまこの文を読んでいる。 ? いきなりなんだ? と思われたかもしれない。 しかし、絶対にこの予言は的中しているはずだ。 なにか不思議ではないだろうか。 ぼくは、これを読んでいる人を全く知らないし、 いつ読んでいるのかも知らないし、 なにも…

全てのモノの成り立ちを想像するのは楽しい。

この世にある全てのモノは、 誰かの意図が元になり、 様々な紆余曲折を経て、 流通に乗り、 我々の手元まで来ている。 それを想像で遡るのが楽しいという話です。 例えば、僕はいまノートパソコンでこのブログを書いている。 AppleのMacBook Proだ。 大学入…

人の立場に立つのが苦手だ。

「自分が言われて嫌なことは人にも言うな」 「自分がされて嫌なことは人にもするな」 これらは人間関係の基本中の基本であると思う。 昔から、ぼくはこれが出来なくて孤立することも多かった。 今は昔と比べれば大分マシになってきているとは思うけれど、そ…

100点満点はロボットに任せて、60点70点を取ることを目指す。

100点満点には、もうあまり価値がなくなりつつあると思う。 どういうことだろうか。 そもそも、100点満点とはどういうことなのだろうか。 あらかじめ答えが決まっていて、そこから一歩もハミ出すことなく解答できたときの状態をいう。 つまり、答えが…

思いつきで行動するのはいいが、少しでも怪しければ即引き返す決断を。

このあいだ、 kazfumi.hatenablog.com こんな記事を書いたあと、 kazfumi.hatenablog.com こんなことになってしまった。 自分でも笑ってしまう。 思いつきで行動するのは、確かに強くて、魅力あるが、 そこには、必然的に「スキ」が生まれてしまう。 なんと…

悪いやつはとんでもないところにいる。危ない危ない。

黒澤映画が好きな人であれば、このタイトルにピンときたのではないだろうか? 『椿三十郎』の中のセリフである。 kazfumi.hatenablog.com 本当にその通りだ。 悪いやつはとんでもないところにいるのだ。 いかにも悪そうでコワモテの人は、話してみれば意外と…

道に関するさまざまな比喩。

確か、魯迅の言葉だったと思うが、 「道は多くの人が通るからできる」 みたいなことを言っていた。 これは真実だ。 逆にいえば、道を作ろうと思うなら、多くの人が通りたいと思うような道でなければならないということだ。 その第一条件がまず「安全」という…

思いつきで行動するのは結構いい。

論理だけでは説明がつかないのが、この世の中だ。 すべての学問は、論理的にこの世の仕組みを説明しようとするものだが、 あるところで限界が来る。 その最先端にせまろうというのが、素粒子研究などの物理学だ。 詳しくはまったく専門外なのでわからないが…

インカメを誤作動して死にたくなった人へ。それはあなたの普段の表情だ。

ぼくもときどき、やる。 普通に写真を撮ろうとしたのに、なぜかインカメが誤作動して、自分の顔が映し出される。 絶望する。 「なんだ、このブサイクな顔は!!!!」 と。 しかし、冷静に考えなければならない。 それが、普段の自分の表情なのだと。 認めな…

ひねくれ者に学ぶ。

「ひねくれ者」=性質がねじけて素直でない人のこと。 一般に、ひねくれ者は、社会不適合者とみなされる。 一歩間違えば、ただの嫌なヤツに成り下がるが、 しかしその性質をうまく引き出せば、途端に魅力的になってくる。 ただ従順にお上のご意見に「ハハー…

京都の有名飲食店でバイトして得られたもの

ぼくは、京都のちょっとした有名飲食店でバイトをしている。 某口コミランキングで1位になったり、雑誌などにも載ったりしている。 忙しい時期になると、平気で1、2時間待ちになってしまうようなお店だ。 ちなみに懐石料理などのガチで京都っぽいお店とい…

批判を恐れる人の心理。

批判されるのが恐い。 人間ならば、誰しもが抱く思いだろう。 中には「批判なんておそれるな!批判を恐れるのは無駄なことだ!」と勇ましく言う人もいる。芸術家や、起業家たちは特に、この考え方を持っている。 彼らの行動や発言を見る限り、本心からそう思…

愛のない批評は批評ではない。

「批評家」ときいて、あまりいいイメージを持たない人も多いのではないだろうか。 「なんで、あんなに上から目線でモノがいえるんだ?」と。 自分では一切行動しないのに、高みの見物的に、超上から目線で 「あの作品はあそこがああでこうで〜だからダメだ」…

『えんとつ町のプペル』について僕は大変な思い違いをしていた。

先日、「『えんとつ町のプペル』はきれいだが、美しくはない。」という挑発的な記事を書いたあと、ツイッターにてえんとつ町のプペル公式アカウント(中身は西野さん本人?)にリツイートしていただいた。 kazfumi.hatenablog.com 一日平均 5PVくらいの超無…

嫌われるのを恐れるな、みたいな風潮について思うこと。

自分の人生だ。 人の目線を気にして、自分のホンネで生きないのは、もったいない。 嫌う人には嫌わせておけばいい。 これは確かに正しい。 もっともだ。 全く正しい。 だがしかし、これをそのまま鵜呑みにしてしまって、 ダメな嫌われ方をしてしまう人もいる…

『えんとつ町のプペル』はきれいだが、美しくはない。

「きれい」だが「美しく」はない。 どういうことだろうか。 はじめに断っておくが、僕は西野亮廣さんがめちゃくちゃ好きだし、ディスる意味でこれを書いているわけではない。 kazfumi.hatenablog.com (この記事を書いたあとで、この記事も書きました。よか…

言葉にできた時、神秘性が消える。

なにかの性質について、「これこれこういう性質だ」と言葉にできた時、 そのモノの神秘性は失われてしまう。 たとえば鮮やかな手品を見たとき、不思議な現象が起こったように見える。 しかし必ず言語化できる「タネ」が仕組まれているのを私たちは知っている…

全国の友達がいない大学生へ。

おめでとうございます。 友達がいないということはマイナスではなく、逆にものすごい可能性を秘めています。 なぜなら、人間の魅力、価値というのは、 独りきりの時間にいかに自分を磨けるかが大きく関係してくるからです。 友達がいない、ということを引け…

嘘をつくことは、非効率的だ。

「嘘つきは泥棒の始まり」 とは子どもの頃からよく聞かされることだが、 そもそも、嘘をつくことがなぜ悪いことなのか? 僕なりの考えを記したいと思う。 嘘をつくのは効率が悪い 倫理的にどうとかいう前に、 単純に、嘘をつくのは効率が悪い。 一つの嘘をつ…

本棚が新陳代謝した時、人は成長している。

本棚が新陳代謝する。 つまり、読む本が変わるということだ。 どう変わるか? 以前だったら、難しくて、敬遠していたような本、 全然興味のなかった分野の本が面白く読めるようになることだ。 その時、人は成長している。 成長するためには、接する情報を変…

理系と文系を分けることの愚かさ。

「世の中には、理系と文系の2種類の人間がいる。」 というのが通説であり、常識だ。 だが、そんなのは馬鹿げていると、僕は思う。 本当に勉強しようと思ったら、 理系だろうが、文系だろうが、関係なく、勉強する必要がある。 そもそも、理系を理系たらしめ…

個人的にカッコいいと思う人たち

「カッコつけ」と「カッコいい」の違いについての記事を投稿してきた。 kazfumi.hatenablog.com kazfumi.hatenablog.com など。 今回は具体的に、ぼくの思うカッコいい人たちをとにかく列挙していこうと思う。 なお、存命中の人は避けて、故人に限定した。 1…

渾名をつけるのがうまい人は、頭が良い。

なぜか。 うまい渾名を付けるには、 対象の特徴を見抜くこと 見つけた特徴を抽象化すること 抽象化したものを再び具体化すること が必要だ。 (ただし、1だけで完結するものも多い。特徴をそのまま表した渾名。ちょっと乱暴な渾名になることが多い。「ハゲ…

批判を恐れるな、みたいな風潮について思うこと。

スティーブジョブズとか、岡本太郎とか、白洲次郎とか、 カッコ良い人たちは皆、「自分の信念を貫け!批判を恐れるな!」 みたいなことを言っている。 確かにめちゃくちゃカッコいいし、実際に批判を恐れずに信念を貫いたからこそ、偉大で、歴史に名を残した…

無名と有名のジレンマ

無名バンド 例えば、インディーズでほとんど誰も知らないようなバンドを応援しているとする。 「こんなにいい曲ばっかり作ってて、情熱もあって、カッコいいバンドがなんでもっと有名にならないの!?」 と、まるで自分が宣伝しなければならない!みたいな使…

知的好奇心を育てる。

知的好奇心の高い人は魅力的だ。 子ども時代はみんな持っていたのに、オトナになると衰えてしまうのはなぜだろうか? どうすれば知的好奇心を育てられるのか? を考察してみたい。

「めんどうくさい」の構造分析 その②

「めんどうくさい」の構造分析の記事を書いた。 kazfumi.hatenablog.com そこで「めんどうくさい」とは 構造が複雑 工程数が多い 時間がかかる という性質の問題に直面した時に起こる感情であると分析した。 しかし、今日帰宅した時にハッとした。 いやいや…

「めんどうくさい」の構造分析

生きていく上で、「めんどうくさい」こととどう折り合いをつけるかは、重要な課題となる。 そんな大げさなことでなくとも、普段の仕事、課題でも「めんどうくさい」こととどう折り合いをつけるか、が重要である。 ここでは、 そもそも、どういう時に「めんど…

「コンビニ人間」にも「ありがとう」と言える人でありたい。

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』の芥川賞受賞、大ヒットはまだ記憶に新しい。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (50件) を見る この作品が話題になったのは、「コンビ…

自分で自分を笑える人は魅力的だ

最近は、「カッコつけ」と「カッコいい」人の違いについて興味があり、そうした投稿をしてきた。 kazfumi.hatenablog.com kazfumi.hatenablog.com 今回は、その「違い」の一つとして、 「自分で自分を笑っちゃえること」 を挙げようと思う。 お笑い芸人さん…

岡本太郎を乗り越える。

僕は、岡本太郎を敬愛している。 敬愛しているが故に、乗り越えなければならないのだ。 僕が岡本太郎に出会ったのは、大学浪人時代。 浪人時代はほとんど友達も作らず、孤独な毎日を送っていたが、 唯一といってもいい息抜きが、予備校帰りに近くの本屋に行…

自己肯定感は大事だが、無理矢理ひねりだすものではない。

無理やり、自己肯定感を出そうとする人がいる。 それを見せつけられる側は、 無性に腹がたつ。 自分でも、ヤバイということを薄々自覚しているのに、 自己暗示のように「私はデキる、私はデキる私はデキる・・・」「私はカワイイ、私はカワイイ私はカワイイ…