ハレバレとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

読書

結局、人に好かれる人は人の役に立つ人だ。

どうすれば好かれる人になれるだろうか、という問いに身も蓋もない答えを出すとしたら、「役に立つ人になれ」だと思う。 結局、人が人に求めるものは、「この人は私に何をしてくれるのか」ということだ。 与えてくれるものが多ければ多いほど、その人は大事…

手段と目的を統一すること

お昼に、 kazfumi.hatenablog.com この記事を書いた。 書いた後で、 「あれ、でもこの手段と目的が一致している人もいるよなあ」と思い直した。 ので、1日に2連続でブログを書くという、初の試みをしてみる。 ミュージシャンを例に。 パッと思いつくのが、…

手段と目的を区別すること

ルールはなんのためにあるのか? ルールはなんのためにあるのか、を考えると、 人と人が気持ちよく共同作業をするためだ、ということだと思う。 だから、本当はルールなんて無くてすむなら無いほうがいいのだ。 一応定めておかないと、みんなが迷惑する可能…

『死してなお踊れ』がめちゃくちゃ面白かった話。

先日、栗原康の『死してなお踊れ:一遍上人伝』を読んだ。 死してなお踊れ: 一遍上人伝 作者: 栗原康 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/01/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る あまりに面白かったので、ブログにしてみたいと…

全国の友達がいない大学生へ。

おめでとうございます。 友達がいないということはマイナスではなく、逆にものすごい可能性を秘めています。 なぜなら、人間の魅力、価値というのは、 独りきりの時間にいかに自分を磨けるかが大きく関係してくるからです。 友達がいない、ということを引け…