読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はればれとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

コミュニケーションの本質は情報交換

「コミュ症」という言葉がある。 一般的に、人とコミュニケーションをとるのが苦手、ということを病気の症状のように表現した言葉だ。 一方で、「コミュ力高い」という褒め言葉もある。 一般的に、コミュ症の逆で、誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなれる人の…

あなたはいまこの文を読んでいる。

あなたはいまこの文を読んでいる。 ? いきなりなんだ? と思われたかもしれない。 しかし、絶対にこの予言は的中しているはずだ。 なにか不思議ではないだろうか。 ぼくは、これを読んでいる人を全く知らないし、 いつ読んでいるのかも知らないし、 なにも…

引っ越しの効用。【ミニマリズム】

ぼくは今、引っ越しの準備をしている。 大学を卒業して、今の部屋を空けなければならなくなったからだ。 引っ越しをするということは、 自分の持ち物を一度大整理するということだ。 引っ越しの準備をしていると、 「あれ、こんなものあったっけ?」 という…

全てのモノの成り立ちを想像するのは楽しい。

この世にある全てのモノは、 誰かの意図が元になり、 様々な紆余曲折を経て、 流通に乗り、 我々の手元まで来ている。 それを想像で遡るのが楽しいという話です。 例えば、僕はいまノートパソコンでこのブログを書いている。 AppleのMacBook Proだ。 大学入…

駅の階段に落ちていた歯間ブラシについて。

今日、電車で家に帰るとき、最寄駅の階段の途中で、 なぜか「歯間ブラシ」が落ちているのを見つけた。 駅の階段と歯間ブラシ。 なんの関連性もないモノ同士というのがまず面白かったし、 なんで、こんなところに歯間ブラシが落ちているのか、 この持ち主は、…

驚くほどズボラな男子飯。一人暮らしの男よ、これを読め。

一人暮らしをしている男たちへ。 あなたにもし素敵な彼女さんがいて、毎日ご飯を作りにきてくれるとか、 料理がめちゃくちゃ好きで、それが趣味だ、という方は、 今すぐ、このページを離れましょう。 時間の無駄となる可能性がたかいです。 そうでない方たち…

カッコつけるのをやめたいのに、まだやめられない。

いい加減、自分のカッコつけを直視して、さっさと実際にカッコよくなろうと努力すればいいのに、まだカッコつけてしまう自分がいる。 おれは、本当はできるやつなんだ。 おれは、本当はもっとカッコいいやつなんだ。 おれは、本当はもっと魅力的なやつなんだ…

マルチ商法(新興宗教?)の現場に潜入してきた話。

先日、 kazfumi.hatenablog.com こんな記事を書いた。 そして、最近、こんな記事を書いたぼく自身がビックリするほど、危うくマルチ商法に引っかかりそうになってしまった。 その顛末を記しておきたい。 (若干内容は変えてあります。) 似たような被害がで…

道に関するさまざまな比喩。

確か、魯迅の言葉だったと思うが、 「道は多くの人が通るからできる」 みたいなことを言っていた。 これは真実だ。 逆にいえば、道を作ろうと思うなら、多くの人が通りたいと思うような道でなければならないということだ。 その第一条件がまず「安全」という…

100グラム1万円するお茶「天下一」を飲んだら、言葉にならないほど衝撃的だった話。

先日、僕が住んでいる京都に広島から友達が遊びに来てくれたので、京都案内をしていた。 「清水寺」とか「金閣」もいいけど、修学旅行とかで行ったしあまりにベタで面白くない。 だったら街中を歩こう、ということになり京都の街中を散歩していた。 その途中…

酔っ払いの雑記。

わたしはいま酔っ払っている。 だいたいこんな時間にブログを書こうなんて、おかしい。 午前5時すぎ。 すこし飲みすぎたかもしれない。 ブログなんて、個人が書きたいようにかけば良い。 「PV数が〜」「読者が〜」「キーワードは〜」 とかもう、なんか本当…