岡本太郎を乗り越える。

僕は、岡本太郎を敬愛している。 敬愛しているが故に、乗り越えなければならないのだ。 僕が岡本太郎に出会ったのは、大学浪人時代。 浪人時代はほとんど友達も作らず、孤独な毎日を送っていたが、 唯一といってもいい息抜きが、予備校帰りに近くの本屋に行くことだった。 なんとなく、美術書系のコーナーをフラフラしてい…