言葉にできた時、神秘性が消える。

なにかの性質について、「これこれこういう性質だ」と言葉にできた時、 そのモノの神秘性は失われてしまう。 たとえば鮮やかな手品を見たとき、不思議な現象が起こったように見える。 しかし必ず言語化できる「タネ」が仕組まれているのを私たちは知っている。 そのタネを知った瞬間、「ああ〜なるほど!」とスッキリはで…