愛のない批評は批評ではない。

「批評家」ときいて、あまりいいイメージを持たない人も多いのではないだろうか。 「なんで、あんなに上から目線でモノがいえるんだ?」と。 自分では一切行動しないのに、高みの見物的に、超上から目線で 「あの作品はあそこがああでこうで〜だからダメだ」 「あれはああだけど、本当はこうでなければならない、だからダ…