読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はればれとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

新年になったので、とりあえずブログをはじめてみた。

まえまえから、やってみたかった事のひとつに「ブログ開設」があった。

 

ただ、今まではなんとなくダラダラと「ブログかこうかな〜」と漠然と思っていただけで終わってしまっていた。

 

しかし、今日は一月一日、お正月である。

なにかを始めるのにこれ以上背中を押してくれる日はないだろう。

 

よく新年の抱負とか書いて、「やるぞ〜」という気分になる人がいるが、

抱負に終わらせずに実行に移すことができる人は、実はあまりいないんじゃないか。

 

自分を省みても、そういう「気持ちだけ」切り替えるのは超得意で、結局なにも行動できない事が多々あった。

ブログ開設も、そのうちのひとつになりそうだった。

 

でも、今回は違う。

 

「とりあえず開設してみる」という行動に移すことができた。

いざこうして書いていると「えっ、こんな簡単だったのか」と驚く。

 

まだ、右も左もわからない。

どんな内容を書けばいいのかも、どんな文体がいいのかも、どのぐらいの頻度で更新するのかも、そもそも続けていけるかも全くわからない。

 

でも、とりあえず、人生最初のブログはいまこうして書けている。

 

今日のこのブログ開設をきっかけにどんどん上達していって、3ヶ月後とかにこの記事を見返したら「うわっヘタクソ!」と思う確率は大きい。

 

でも、そうなるとしても、いまとりあえず書いてしまう。

しかもよく考えると「うわっヘタクソ!」と思えるということは、少なくともどこが悪いのか、どうすればいいのか、がわかっているということで、成長したことの証になるわけだ。

 

だから、いまほとんど何も考えずに、思ったことをそのまま書いている。

 

本当は、ちゃんとブログの書き方とか、何を書けばいいのか、とか考えに考えて、必死こいて書くのが理想なのだろう。

 

だが、そうして準備に時間を使うと、どんどん完璧主義になっていって、結局なにもできなくなりそうだ、という予感がした。

だからこの記事はほとんどなにも準備せずに書いている。

 

とりあえず、行動してみる。

考えるのはそれからでもいい。

 

というよく言われる言葉を、本当にそのまま実行してみた。

 

これからどういうブログになっていくのか、本当にまるでわからない。

でも、いまこうしてブログを書いてみてわかったことが一つだけある。

 

「結構楽しい!」

 

この気持ちは実際に書いてみなければ一生得られなかっただろう。

 

今回はこれ以上書いてもあまり意味がなさそうなので、ここまで。

「とりあえずブログを始めてみる。」という新年の抱負をとりあえず行動できた。

これでよし。