読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はればれとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

ブログを始めて一週間経った。

新年でキリがいいし、「ブログ始めてみっか!!」と勢いで始めたこのブログもついに1週間記念を迎えました。

 

一切宣伝もしていないし、「メモ帳」といったほうが正しいレベルではあるが、

これでも世界のどこかの誰かさんが見てくださったようで、

7日目のアクセス数は合計で「8」である。

 

1週間で、1桁!

 

プロブロガーの方達からしたら「驚異的」な数字だろう。

 

しかし、僕にとってもこれは「驚異的」な数字なのである。

 

だって、自分の書いた文章を、世界のどこかの誰かさんが、見てくれているということなのだ。

 

これは本当にすごいことだ。

 

やっぱり、ブログを書くとなると、この世界の誰かさんに向けて書かなければ、という気持ちが働く。

たとえ1週間で8人だけだとしても、誰かが見てくれているのだ。

 

今日の記事で、「思考は言語を用いて行われる」と書いたが、

 

kazfumi.hatenablog.com

 

こうして、世界の誰かさんに向けて文章を書く、ということで

自分自身の思考が整理されてゆくのが感じられている。

自分だけが読む日記帳とはまた違った感覚だ。

 

そして、1週間毎日欠かさず書いてきて、

意外と、続けられそうな気もしている。

これが1年とか2年とかになると一気に難易度があがるのだろうけど、

とりあえず1週間目の感想としては、続けていけそう。

 

・誰に向けて書いているのか

・どんなスタイルでいくのか

 

といったことはまだまだ模索中で、ガラッと雰囲気が変わる可能性もある。

 

というか未だ自己紹介すら書いていないので、

卒論が落ち着いたら書く予定。

 

以上、卒論の休憩中に書いてみた。