ハレバレとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

全国の友達がいない大学生へ。

おめでとうございます。

友達がいないということはマイナスではなく、逆にものすごい可能性を秘めています。

 

なぜなら、人間の魅力、価値というのは、

独りきりの時間にいかに自分を深く掘れるかが鍵となるからです。

 

友達がいない、ということを引け目に感じているままでは、マイナスのままです。

マイナスをプラスに転換することが重要です。

 

友達がいない、ということをプラスに転換すると、

誰よりも多く、独りの時間を持てるということになります。

 

これが、かなりすごいことなのです。

 

独りの時間は、費用対効果が高い

もし仮に、あなたに友達が多いとしましょう。

友達が多いから、ひっきりなしに遊ぼうという誘いの声がかかります。

「映画観にいこうよ」

「旅行いこうぜ」

「一緒に飯行こう」

・・・

確かに楽しいでしょう。

大学生の一般的イメージはこんな日常だと思います。

 

しかし、どうしても友達の都合とすり合わせなければならないので、

自分の本音で、もしくは自分のやりたいだけ、十分な時間と労力を注ぐことができないのです。

「本当はあの映画が観たいんだけど、友達は好きじゃないだろうな」

とか

「本当はもっとじっくり味わいたいんだけど、友達はつまらなそうにしてるし、そろそろ切り上げなきゃな」

といった感じです。

 

そもそも、自分がなにを好きかすらわからないまま、流されるだけで終わってしまうかもしれません。

 

集団で行動するとなると、もっと複雑です。

結局、メンバー全員の価値観、欲望を平均したものしかできなくなるので、

無難な選択肢しか残らないのです。

 

それでも、「みんなでワイワイするのが楽しいんだよ」と思えるなら、それはそれでいいと思います。

確かに、みんなと一緒にやったほうが楽しいものも多いのは事実です。

 

しかし、独りきりでやる方が深く、味わい深いものとなるものも多いのも事実です。

 読書、筋トレ、映画鑑賞、勉強、旅・・・。

これらは誰かと一緒にやるのもいいかもしれませんが、

結局は、いかに自分のモノにできたか、が重要なことです。

 

独りきりであれば、すべての結果を自分独りで受け止められるので、

費用対効果が高いのです。

 

友達がいないならば、みんなでワイワイする楽しさはないかもしれないけれど、

独りきりでも楽しめる、もしくは独りだからこそ楽しめることに集中してみたらどうでしょうか。 

 

便所飯

少し前に、「便所飯」という言葉が流行りました。

大学の食堂などで、独りで食事をしていると、周りの人たちから

「アイツ、友達いないんだな、かわいそう・ウケる・キモい」

と思われるのではなかろうか、と危惧するあまり、

便所の個室でメシを食うという行動を表した言葉です。

 

便所飯をするということは、

「友達がいない」ということをマイナスの意味で捉えていることの象徴です。

 

そんな人に仮に友達ができたとしましょう。

「どうだ、おれには普通に友達がいるんだぞ」

と見せびらかすために友達を利用するでしょう。

「友達と楽しく食事ができる自分」を演出するための添景として利用しているということです。

それは本当の友達とは呼べないでしょう。

 

かといって、独りで飯を食べることを

「どうだ、おれは独りでも堂々と飯を食えるんだぞ、便所飯するような弱い奴とは違うんだぞ」

みたいな風に人目を気にしているならば、それは便所飯をしている人と根本的には同じ発想です。

そんな人にも本当の友達はできないでしょう。

 

だいたい、

「あいつ友達いないんだな、ウケる、カワイソウ、ダッセ」

とかいうやつに限って、本当に友達がいるといえるのか疑問です。

そもそもそれを気にしている時点で、彼ら自身、「友達がいないと不安」ということを表明しているだけなのです。

 

独りで平気でご飯を食べる人は結構います。

そういう人は目の前の食事のことしか頭にないはずです。

もしくは、今やっている最中の仕事や課題のこと、

あるいはボケーっと外の景色を眺めているだけかもしれません。

端的に言えば、飄々としているのです。

 

独りの時間になにをするか

友達がいないならば、独りの時間を楽しむべきです。

では、独りの時間になにをするか。

 

僕のおすすめは、

  1. 読書
  2. 筋トレ
  3. 一人旅

の3つです。

 

読書

読書ほど、独りが似合うものもないでしょう。

読書好きな人は、独りの時間をうまくマネジメントできる人と言えます。

むしろ、独りの時間をなによりも大切にしている人です。

経営者をはじめ、著名人には、読書好きな人が多いのは周知の事実です。

ビルゲイツなどは、読書をするためだけに家族すら立ち入り厳禁の別荘に行くこともあるそうです。

読書をすることで、飛躍的に自分の視野を広げることができます。

日本人の半数がほとんど本を読まない現代では、

本を読むだけで、一抜けることができるのです。

 

友達がいない大学生は、とりあえず本を貪り読むことをおすすめします。

本を読んで、世界観や価値観を広げるのです。

友達がいないということは、本を読む時間が圧倒的に多くとれるということです。

このメリットを活かさない手はありません。

 

筋トレ

これも、独りでやるのにオススメです。

とりあえず、ダンベルを買いましょう。

いくら高級な服を着ようが、髪型を整えようが、

体が貧弱では全て台無しです。

 

kazfumi.hatenablog.com

 

特に、若い大学生のうちにできるだけ鍛えておくのが効率がいいです。

新陳代謝が活発な若いうちに、いかに鍛えられるかでその後の人生に大きく影響するでしょう。

平均寿命が延びている現在、「健康寿命」を伸ばすことに注力すべきです。

筋トレはその方法の一つです。 

 

もちろん男性だけでなく、女性も筋トレをすることをオススメします。

腰痛や冷え性に悩む人は多いですが、

筋トレで解決できる可能性が高いです。

 

それに、しなやかで健康的な体型の女性はモテます。

足や腕が細くてスラっとしている女性は確かに美しいかもしれませんが、

華奢すぎる体型は実はあまり男性には人気はありません。

ちょっとぷっくら、しなやかな感じの方がモテます。

一人旅

友達がいないなら、一人旅もおすすめです。

はじめは少し勇気がいるかもしれませんが、一度やってみればやみつきになること請け合いです。

最初はリハビリ的に隣の県まで日帰りとかでもいいかもしれません。

 

一人旅をしていると、様々な面白い人たちと出会えます。

特にゲストハウスに泊まると、同じように一人旅をしている人と知り合うことができます。そういう人たちは決まって面白い人が多いです。

 

また、目的地までの移動時間も全て独りの時間になります。

この時間がなんとも言えず、面白いしワクワクしてくるのです。

旅に出るという非日常感と、独りで全てやりくりするワクワク感。

特に、一人旅と読書は抜群に相性がいいので、おすすめです。

 

おわりに

素敵な人、カッコいい人は例外なく1人きりの時間を大切にしています。

僕の好きな言葉に、

「一人きりでも楽しめる人だけが、誰かと一緒に居ても楽しめる」

というものがあります。

友達がいない、なら、まずは自分ひとりだけでも楽しめることを見つけることを始めればいいのです。

楽しめるものが見つかれば、それを掘っていくだけで不思議と魅力がでてきます。

 

そして独りでいるのが苦にならなくなった時、自然と友達もできるでしょう。

「アイツ、なんかおもしろいんだよな〜」

という空気が出れば、もうコッチのもんです。

 

それに、そうやってできる友達も何かを深く掘っている、面白い人が多いので、本当に楽しい時間を過ごすことができます。

そのためには、まずは独りでいかに深く面白いことを追求していくか、が大事なのです。

 

「友達がいないとオカシイ」という世間体のために、楽しくもない友達付き合いを無理して演出したところで、肝心の自分が楽しくなければ、なんの意味もないのです。

それにそうやって偽りの友情を演じているのは、どこか不自然なモノになり、人の直感はそれを見抜きます。「あ、なんかコイツ無理してるな」と。

そういう人には結局本当の友達はできないでしょう。

 

まずは、自分が本気で楽しめることを見つけることが先決です。

読書はそのために最も強力なツールだと思います。

そして自分独りでも、楽しい!となったとき、同じような仲間に必ず巡り会えます。

 

いかに独りの時間に、自分自身を深められるか。

友達がいない人は、そういうことに向き合う時間が多くとれる点でかなり有利な立場にあるのです。

そして、そういう人が一人の時間を深めていった結果、本当の意味での友達にも巡り会うことができるのだと思います。

 

最後に、この記事の参考になった本を紹介して終わりたいと思います。

ここに書いたことは、全て、これらの本に書いてあったことです。

孤独のチカラ (新潮文庫)

孤独のチカラ (新潮文庫)

 

これは孤独に悩む人のバイブル的本。

僕もかなり勇気付けられました。 

孤独になれば、道は拓ける。

孤独になれば、道は拓ける。

 

千田さんの本には中毒性があります。

それほど、言っていることに説得力があるからです。

この人からは大分影響を受けました。

他にも著書多数。

 

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

 

文句なしにオススメできる一冊。

 

kazfumi.hatenablog.com

 こちらの記事で詳しく書いたので、よかったらどうぞ。

 

 

デミアン (新潮文庫)

デミアン (新潮文庫)

 

ヘルマン・ヘッセの本は全般的にオススメできますが、

特に「デミアン」はオススメです。

 

他にもたくさんありますが、

今回はここらへんで。

 

また、最後の最後に、もう一つだけ言いたいことがあります。

この記事はあくまでも「現状」友達がいない、ということで悩む人たちを想定して書きました。

僕はこの記事で述べてきたように、独りの時間がものすごく好きだし、大切に思っているし、友達がいないならいないで無理してつくることはないんじゃないの?という思想の持ち主です。

しかし、「友達なんて一生イラネエ!」とかそういう考えなわけでもありません。

やはり、生きていく上で、共に喜び、共に悲しんでくれる人との交流は欠かせないものとなるでしょう。

究極、人と人が完璧に分かり合えることなんてないと思っています。

しかし、分かろうと努力することは絶対に必要だとも思います。

その時に避けて通れないのは、「コミュニケーション」です。

そのコミュニケーションとは、一体なんなのか?

どうすれば人とうまくコミュニケーションが取れるようになるのか?

一生、悩んでいく問題だと思いますが、現時点での僕の考えを以下の記事に書きましたので、興味がありましたら、ご覧になってください。

 

kazfumi.hatenablog.com

 

kazfumi.hatenablog.com

 

 

kazfumi.hatenablog.com

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。