ハレバレとニッコリ笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

『えんとつ町のプペル』について僕は大変な思い違いをしていた。

先日、「『えんとつ町のプペル』はきれいだが、美しくはない。」という挑発的な記事を書いたあと、ツイッターにてえんとつ町のプペル公式アカウント(中身は西野さん本人?)にリツイートしていただいた。

 

kazfumi.hatenablog.com

 

一日平均 5PVくらいの超無名ブログが、それだけで急に80PVぐらいになった。

「あれ、おれ、もしかして、ヤバイことしちゃったんじゃないか?」とかなり焦ってしまった。

そして、必死に自分の書いたものを読み返し、

実際にヤバイことをしてしまっていたことに気づいたのだ。

 

なぜなら、えんとつ町のプペル』は絵本だけではまだ未完成だということを考慮に入れていない意見を述べてしまっていたことに気づいたからだ。

 

同じ日、西野さんは公式ブログに「長い長い物語」という記事をあげていた。

lineblog.me

 

この中で、「『えんとつ町のプペル』の絵本はあくまでも「おみやげ」としての機能しか果たしていない」ということ、「二の矢、三の矢も用意している」ということを述べていた。

 

僕の勘違いは、『えんとつ町のプペル』を絵本だけで完結しているものと、思ってしまっていたことにある。

絵本が「主役」で展覧会などはその「オマケ」、あくまでも絵本を売るための戦略、ぐらいに思っていたが、

 

全くの逆だったのだ。

 

そうではない。

絵本はあくまでも「おみやげ」。

つまり、『えんとつ町のプペル』という世界、体験の、パンフレット的役割しか果たしていないということだ。

 

僕は、まだ『えんとつ町のプペル』の原画展に行っていない。

それが最大の誤算だった。

展覧会場に行っていたら、

えんとつ町のプペルはきれいではなく美しい』という記事を書いていたかもしれない。

光る原画は、たぶん写真だけでは伝わらない美しさを持っているのだろう。

しかも「夜の鳥取砂丘やモンゴルの大草原」でもできるのであって、周りの環境と相互作用する可能性も秘めている。

それはもう、現代アート的に体験するしかないのだ。 

 

そうなのだ。

西野さんはもはや、「絵本」を超えようとしている。

「絵本作家」という肩書きももう古いものになりつつあるのだと思う。

やはり芸術家になりつつある。

それはつまり、「体験」を創る人としてだ。

「絵」という平面的制約を飛び出してしまうつもりなのだ。

 

おもえば、

ウォルト・ディズニーも、アニメから飛び出して「ディズニーランド」という体験を創り出してしまったし、

岡本太郎も画家という枠から飛び出して、「藝術家」となり、「太陽の塔」など公共の場に作品を創ることで、一種の体験を創り出した。

西野さんはもともと「お笑い」という体験を作り出す人ではあったが、絵で完結する絵本作家としてスタートし、今度はその絵本という制約をも飛び出そうとしている。光る原画展は、その第一歩目といえるかもしれない。

「お笑い」という体験を作り出す人と絵本を作り上げる人を掛け合わせて、

作品世界という体験を作り出す人になろうとしているということだ。

そして、もうすでに西野さんはどちらももう既に一流の域まで達している。あとはどう掛け合わすかの問題なのだ。

それが、いよいよ形になろうとしている、ということなのだ。

 

実際、おとぎ町という町を作り出そうとしているし、全国あちこちでトークショーをして、「体験」をすでに作り出している。

ぼくも一度西野さんのトークショーを聴いたことがあるが、あれはやはりテレビやラジオでは味わえない「体験」だった。

 

展覧会の「光る絵」は、たぶんまだまだ序の口のはず

それも、もう「絵本」を飛び出してしまって、芸術の域にいるといえる。

それをまだ見てもいないのに、紙の絵本だけをみて、

つまり本番を見ずにパンフレットだけを見て「美しくない」とは、

勘違いもはなはだしかったな、と気づいてしまったのだ。

絵本はあくまでパンフレットであって、そこに本当の「美しさ」はないのだ。

もちろん、パンフレットはパンフレットでもそれ自体で一個の作品となる程の作り込みではある(27万部!)けれど、やはり、「本番」も含めて考えなければならないものだった。

ああ、恥ずかしい。 

 

そして、上の西野さんのブログでは完結するまでにあと3年はかかるという言及もされていた。

映画なのか、演劇なのか、VR世界なのか、もしくはそれ以上のモノなのか、全く予想がつかないが、

おそらく、『えんとつ町のプペル』という「体験」をすべて表現するまでに3年かかるということを意味しているのだろう。

 

そして、その体験の「おみやげ」として絵本は機能する。

だから、絶対に100万部売る、と言い切る自信があるのだ。

 

 

西野さん、僕は大変な思い違いをしていました。

とりあえず、原画展を見に行って出直してこようと思います。