読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレバレとにっこり笑う人生を

日々、考えたことをまとめています。

駅の階段に落ちていた歯間ブラシについて。

雑記 ブログ

今日、電車で家に帰るとき、最寄駅の階段の途中で、

なぜか「歯間ブラシ」が落ちているのを見つけた。

 

駅の階段と歯間ブラシ。

 

なんの関連性もないモノ同士というのがまず面白かったし、

なんで、こんなところに歯間ブラシが落ちているのか、

この持ち主は、どういう人だったのか、

使用済みなのか、未使用なのか、

使用済みだとしたら、その人は普段から歯間ブラシを持ち運ぶ習慣があるのか、

歯間ブラシを電車内、もしくは駅のトイレで使い、

駅の階段でポイ捨てしたのか、

もしくは自宅から出る前に歯間ブラシで掃除していたが、時間に遅れそうなので慌ててそのまま飛び出し、電車に乗る前にポイ捨てしたのか、

もし、未使用だとしたら、なぜ、一本だけ落ちているのか、

未使用だとしても、ポケットかなにかに歯間ブラシが入っていたということで、

やはり、普段から歯間ブラシを持ち運ぶ習慣の持ち主ということか、

その人のポケットには歯間ブラシが常備されているのか、

何本も入っていて、そのうちの一本が落ちたのか、

新品の袋を試しに開けてみて、その拍子に落ちてしまったのか、

 

さまざまな謎が浮かび上がる。

 

なんで、駅の階段に歯間ブラシが?

 

しかし、そんなことを階段の途中で立ち止まってじっくり考えるわけにもいかないので、

歯間ブラシが落ちていることなどまるで気にも止めない風にして、そのまま改札へと向かった。

 

一緒に階段を登っている人も大勢いたが、

歯間ブラシに気を止めるような人はいなかったようだ。

もしかしたら、僕と同じように、

「あれ、なんでこんなところに歯間ブラシが?」

と疑問に思ったけど、そのまま気づかないふりをしただけかもしれない。

そして、もしかしたら、そのことを僕と同じようにブログに書いているかもしれない。

もしそういう人がいれば、僕はその人とぜひお友達になってみたい。

 

世の中には、この歯間ブラシのように、

よく考えればちょっと奇妙なモノが、

意外なところに落とされているのだと思う。

 

それはモノであるとは限らない。

ある種の現象であるかもしれないし、

ある人のクセかもしれないし、

ある人のくしゃみの仕方かもしれない。

 

それに気づくことは、

自分だけが知っている秘密のような、

誰も気に留めないようなことに面白さを見出す面白さというか、

ちょっとした優越感もあり、

誰かに話してもしょうがない気もするし、

でも自分にとってはとても面白いことだし、

もし、そういう面白さを共感してくれる人がいるなら、

そういう人とお酒を呑むのはきっと楽しいだろうし、

いつそういう機会がくるかもわからないので、

自分の心の中に大事にしまっておきたいと思う。

 

ただ、もしかしたら、共感してくれる人もいるかもしれないので、

こうやって、ブログに書いてみる。

それに、書くことで自分自身も、より記憶に残るし。

 

こういう時、ブログをやっていて良かったなあ、と思う。